API 備忘録 | メシのタネ

iwatobipengin
このエントリーをはてなブックマークに追加

【API】TwitterAPI1.1で検索と投稿のやり方

 2014/07/01

とりあえずデベロッパー登録TwitterOauthを用意します。
書き込みする際には、デベロッパー登録した後に登録したアプリのページに行ってからPermissionsタブを選択の後にAccessの場所からRead and Writeを選びます。
そうしないと、書き込みの権限がないですってエラー出されるので注意してください。
ちなみに、この権限を後で変更すると、アクセストークンを再生成する必要があるので気をつけてください!

TwitterApiで何かする時共通で書く箇所

ファイルの読み込みとキーの代入してオブジェクト呼んで来るまでは同じです。

     require_once('twitter/twitteroauth/twitteroauth.php');
     $consumerKey = '';
     $consumerSecret = '';
     $accessToken = '';
     $accessTokenSecret = '';
     $twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);

特定のアカウントを検索する場合

とりあえずこのコードで取得することが出来ます。

	$options = array('count'=>5,'owner_screen_name'=>'');
	$timeline = $twObj->get('statuses/user_timeline',$options);

Twitterからキーワードで検索したい場合

今度は何かキーワード入れて検索する場合
メソッドに入れるpathが違うので注意してください。
コードは下記です。

	$options = array('q'=>$post->post_excerpt.':)','count'=>5);
	$json = $twObj->get('search/tweets',$options);

設定値について

$optionsのarrayに設定できるもので、qって書いてある奴に「:)」「:(」が設定できて
「:)」はポジティブツイートで、「:(」はネガティブなツイートを取得してきます。
result_typeでツイートの種別が設定できます。
mixed, recent, popularのうちどれかが設定できます。
設定値を変えるには、$optionsを変更します。

$options = array('q'=>'PHP :)','count'=>5,'lang'=>'ja','result_type'=>'recent','until'=>date('Y-m-d'));

今説明してない奴もありますが、こんな感じで増やしてって下さい。
ここに載ってるので興味ある人は見てください。

Twitterへ投稿したい場合

またpathが違うので注意してください。
書き込めない場合はアカウントの権限がReadOnlyとかになってる可能性があるので、
登録したアプリケーションの情報を見直してみるといいかも知れませんね。
権限がReadOnlyだった場合、アクセストークンの再生成が必要になります。
あとメソッドがpostに変わってるのでこれも注意してください。

   $tweet = $twObj->post('statuses/update',array("status"=>"今日は暑いなぁ。"));

これだけでも色々できるような気がしますよね。
‘statuses/update’ここ変えれば、色々できます。
ちなみに、ここには、今日紹介した奴以外のも載ってます。
これ読んで覚えたので、こっちのが分かりやすいかも知れませんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【API】TwitterAPI1.1で検索と投稿のやり方"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ