PYTHON 備忘録 | メシのタネ

python-logo-master-v3-TM
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Python】Version2.7.8を入れてpip入れてScrapy入れた CentOS6.5

 2014/10/07

pip使おうと思ったら入ってなくてかつpythonのバージョンが古かったので
やだなーと思ってVersionをアップしたのですが、例のごとくはまったので、
ほかの人がはまらないように参考サイトと注意点書いておきます。
特に記事を掘り下げて書かないので備忘録です。

python2.7.8インストール

下記の記事を参考にしました。
CentOS 6.4にPython 2.7.5をインストール(altinstall)し、さらに、デフォルトで2.6.6ではなく2.7.5が起動するようにする
ダウンロードしてくるバージョンが違うくらいでほぼほぼこの通りにやりました。
特にインストールに関して問題は出なかったです。

ただsudoしない時にpythonへのパスが2.6に行ってるので
そこだけ修正しました。

環境変数セットしたら、
pythonへのパスが飛んでしまったのか、pythonが起動しなくなりました。
ログとって無くてすみません。

とりあえずこんな感じで追加して、PYTHONHOMEをunsetしたら上手くいきました。
自己責任でお願いします・・・

export PYTHONHOME=$HOME/local
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH

pipインストール

ここは特に何も無く下記サイトのまんまやったら上手く行きました。
easy_install、setuptools、pip – パッケージ管理

Scrapyインストール

開発用のファイルが足りないのかとりあえず、
探して目についたのを入れてみました。

sudo yum install libffi-devel

とりあえずこれが必要っぽかったので入れてみたら
インストールは出来ましたが起動できませんでした。

で次に
Twisted requires zope.interface 3.6.0 or later: no module named zope.interface.
ってエラーが出たので、多分zope.interfaceって奴がないんじゃないのと思って

pip install zope.interface

これでscrapy versionってやったら
ImportError: No module named cryptography.hazmat.bindings.openssl.binding
新しいエラーがでました。このエラーメッセージ検索したら

sudo pip install pyopenssl

これをインストールしてるサイトを見つけたのでコマンド打ってインストールしました。
とりあえずversionの情報は出ますが・・・UserWarning: You do not have the service_identity module installed.ってエラーが出てます。
もう流れ的にこれは

sudo pip install service_identity

これやろ!と思って入れました。
無事、Version情報だけ表示されました。
めでたしめでたし。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【Python】Version2.7.8を入れてpip入れてScrapy入れた CentOS6.5"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ