ニュース・感想 備忘録 | メシのタネ

yaruomodoki
このエントリーをはてなブックマークに追加

理想のWebプログラマ

 2014/12/25

去年の今頃はphpで8000行くらいのWebシステムを作りながらバグを見つけてはテストって大事だなって思っていた頃だったと思います。とりあえず年も瀬なので、何が自分の理想のプログラマで自分が今年どうなりたいのか考えていきます。

Webが好きな理由

趣味が偏っていたりすると、自分の人脈だけで情報を得るのが難しいです。でも、全世界で探せば同じような人が一杯居るので安心します。自分の場合は同じような人たちから情報を得るばっかりですが、沢山の自分と同じクラスタの人間と空間を共にするのは物凄く充実した時間です。自分にとって充実した時間を提供してくれるWebが好きです。

プログラマって何だ

プログラマは、人間と機械を繋ぐ翻訳者だと思っています。人間と機械を繋ぐことができれば、たいていの願いを実現する事ができます。その願いを順序だてて具体化し、機械に伝え、機械と願った人が一定のルールの中で会話可能な状態にできる人がプログラマなんだと思います。

Webプログラマって何だ

プログラマは人間と機械の翻訳者だと説明しました。比較してWebプログラマって何なのかって考えると、Webプログラマは、特定個人や団体ではなく、全世界の人の願望を叶えられる可能性を持ったプログラマだと思います。

理想のWebプログラマって何だ

さっきほとんど言ってしまいましたが、全世界の人の願望を叶えられるプログラマが理想のWebプログラマだと僕は思います。「なれるか」「なれないか」「なりたいか」はおいておいて、それが僕が思い描く理想のWebプログラマです。

来年はどうしよう

こう考えると僕は機械と人間を繋げることも満足にできません。機械に要望を伝える前に順序だてて具体化する必要があるんですが、いつもそこに論理という自分にとって物凄い高い壁が邪魔してて、そいつを倒す事ができません。だから回り道したり逃げたりしながらなんとか願望を実現するんですけど、来年は自分がぶつかる論理について、逃げずに立ち向かえるように論理力から鍛えて生きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

プログラミング備忘録 | メシのタネ