CENTOS 備忘録 | メシのタネ

pacoding
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Windows7】 Virtual PCにCentOSインストール

 2013/04/04

CentOS6.4をインストールできなかった。


とりあえ最新版なので、これをインストールしてみようと思いました。
CentOS公式のTOPページから
CentOS 6 Releasesを検索してください。
Win32bitならi386を、Win64はx86_64を選択します。
なんかver6のどこからか忘れたけどvhdを認識しなくなったとかしないとかで
僕はインストールできませんでした。

追記4/4 でもとりあえず、インストールした後に

rpm upgrade -y

と打てば、5.9にアップグレードできます。

追記4/10 アップデートするとkernel panicになるかもしれません。

結局CentOS5.7にしました。


会社で動いてるCentOSが同じ環境で動いてるので、5.7なので
CentOSのサイトから、ver5.7をインストールすることに。
とりあえずImgBurn使って、DVDに焼いた後

バーチャルPCをダウンロードして、仮想マシンを用意。

バーチャルPCは無料なので、ここからダウンロードします。

バーチャルPCを作成


WindowsVirtualPCのプログラムvmwindow.exeを起動してください。

  • エクスプローラのパス入力するとこの下にメニューがありますので、仮想マシンの作成を選択
  • 名前をつけて、仮想マシンを作る場所を決めます。(どこでもよければ次へ)
  • メモリの割り当てを指定します。インストール終わるまでは2500MBにします。
  • コンピューターのネットワーク接続を使用するにチェックして次へ
  • (自分で設定したネットワークにしたい人は、一度作ってから設定できます)
  • VHDが既にある人は、そこのパスを指定します。
  • 仮想マシンの隣の設定から、設定の確認をします。(ネットワークの環境は確認しておいてください)

これで、仮想マシンができました。

※VHDは容量可変でも、固定でも良いですし、
VHDおくためにパーティションの設定する必要もないです。
僕はこれ知らなくて結構グーグル叩きました。
VHDは60GBくらいにしときました。

CentOS5.7をCUIでインストール 1

  • DVDにディスク突っ込んで、仮想マシンを起動します。
  • 魔界へといざなう呪文が流れるので、直視しないでください。
  • ロゴが表示される青い画面が出てきます。
  • 出てきたらエンターまた真っ黒い画面に文字が流れます。
  • また青い画面が出てきたらスキップを選択してエンター。
  • GUIっぽいインストール画面が出てきたらNEXTを選択。

うわっ…私の画面、黒すぎ…?


ここでトラブルが発生
順調な人は飛ばしてください。

僕はここで画面が乱れて?とにかく変な画面になりました。
真っ黒で、色数がものすごく制限された、魔界みたいな画面が表示されて、
自分の頭も真っ白になりました。いつになったらマトモにインストールできるんだと。
解決方法は、インストーラー起動画面?と言えば良いのか、最初にロゴが表示される画面で
エンターを押さずに“linux vesa i8042.noloop psmouse.proto=imps clock=p”
何も考えずにこれを打ち終えてから、エンターを押してください。

覚えてる範囲で書きます。


  • vesa vesaのドライバで画面を描画します。ヴァーチャルPCはS3 Trio 32/64 PCIを使うそうです。
  • i8042.noloop マウスが動かなければ使ってください。
  • psmouse.proto=imps マウスをホイール付きの/PS/2を認識します。
  • clock=p 時刻のずれを修正します。

CentOS5.7をCUIでインストール 2


ここまで、何のトラブルも無くこれた人はうらやましいです。
僕はこの時、作業開始から10時間が過ぎようとしていました。
言語は日本語を選択します。英語の方が得意な人は英語を選択してください。次へ
キーボード設定106キーボードとかなんですけど、良くわからないので日本語を選択しました。次へ
ここで初期化するかどうか聞いてきますが、はいと答えてください。
最初のプルダウンを「カスタムレイアウトを作成します」選択。次へ

ディスクの設定画面


ディスクの設定画面が表示されたら新規ボタンをクリック
パーティションの追加がポップアップしてきます。

設定項目 設定値
マウントポイント /boot
ファイルシステムタイプ ext3
サイズ 100MB
追加容量オプション 容量固定を選択
設定項目 設定値
マウントポイント /
ファイルシステムタイプ ext3
サイズ 4096MB(余裕があればもっと増やしても良い)
追加容量オプション 容量固定を選択
設定項目 設定値
マウントポイント 利用不可
ファイルシステムタイプ swap(設定するとマウントポイント利用不可に自動選択)
サイズ 512MB
追加容量オプション 容量固定を選択

確認をしたらOKを押す

ネットワークデバイスの設定


編集ボタンをクリックします。
インターフェイスeth0を編集がポップアップしてきます。

これちゃんとやっておかないと、後でvim使ってファイル触ったり
ネットワークのプログラムつけたり消したりできて、Linuxに慣れる事ができるので
やらなくても良いですが、僕は疲れたのでやっておいた方がいいと思います。

設定項目 設定値
動的IPの設定 選択しない
IPv4 有効
IPv6 無効
起動時アクティブ する
IPアドレスの入力 192.168.0.2~254までの使ってない番号
ネットマスク 255.255.255.0

インターネット設定


手動設定 設定値
ホスト名を設定 僕はPCの名前.好きな名前.com
にしたけど、好きな名前でも良いはず。
ゲートウェイ 192.168.0.1
一応ipconfigで調べてください。多分これだけど。
1番目のDNS さっきテキストBOXに入力したipアドレス
2番目のDNS 192.168.0.1
ルータがDNSの名前を解決してくれるのでこれでいいそうです。

CentOS5.7をCUIでインストール 3


パッケージグループの選択


cuiにする場合大体外します。
設定項目は下記です。

設定項目 設定値
デスクトップ環境 サーバー用なので全部チェック外します。
アプリケーション エディタとテキストベースのインターネットにチェックを入れます。それ以外は外します。
開発 すべてのチェックを外します。
サーバー すべてのチェックを外します。
ベース ベースにチェックを入れ、それ以外は外します。
仮想化 すべてのチェックを外します。
クラスタストレージ チェック外します。
言語 日本語のサポートにチェック

次をクリックするとインストール可能かどうかの審判が下されるので神に祈りましょう。

CentOS5.7をCUIでインストール 4


祈りが通じたら、インストール準備完了なので、次をクリックします。
風呂にでも入りながらインストール終わるのを待ちましょう。
参考までに、4年前の8万円台のPCで10分程度です。
終わったらHDDを取り出して、再起動したらお待ちかねのCentOSが起動します。

Setup Agent


起動したら、久しぶりに青い画面が出てきます。
でもこれは、初回のみのようです。

  • RunToolを選んでエンター
  • Security LevelにDisabledを選択、項目はスペースで選択して、
  • SelLinuxをDisabledに選択します。間違ってなければ、OKにカーソル合わせてエンター押します。
  • Exitを選んでエンターを押します。

これでインストール完了です。

rootでログインしてパスワードを打って、
yum -y install httpd.とでも打ってみてください。apacheがインストールされます。
タイムアウトしたら、shutdown -h now って打って今日はもう寝てください。
お疲れ様でした!&ありがとうございました!


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【Windows7】 Virtual PCにCentOSインストール"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ