LINUX 備忘録 | メシのタネ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【centos6】postfixとDovecotでメールサーバを建てた

 2013/11/12

特にメールサーバー建てなくても良いんですけど、勉強の為に建ててみました。
基本的に、CentOSの設定はhttp://centos.server-manual.com/を見てます。
分かり易いしコマンドも見やすいからです。

だけどたまに、どっか見落としてはまります。

ビルドのおおまかな流れ

これも、さっきのURL見れば、載ってますが、やることが多く見えるので

何をやってるか大まかに書くと

  • サーバーで使うポート開放「25」と「110」開けました
  • ProcMailやtelnetやpostfixやdovecotをインストール
  • procmail、postfix、dovecotの設定をする
  • ユーザーのメールディレクトリ作成
  • ユーザーアカウント作成(Linux)
  • ユーザーアカウント作成(SMTP)

ここまでは簡単に出来たんですけど、確認で躓きました。

Error: authentication failed:

こいつが中々倒せなかった。

535 5.7.8って数字を何回見たか分からない。

perl -MMIME::Base64 -e 'print encode_base64("user\0user\0pass");'
…

telnet localhost 25
…

EHLO localhost
…
…
…
…

AUTH PLAIN 
535 5.7.8 Error: authentication failed:

これ。もう。いい加減にしろと言いたくなるのですが、僕が悪いんです。

SMTPアカウント登録するの忘れてました。

encode_base64(“user\0user\0pass”)って・・・。

後気になったのが、
perl -MMIME:: のとこなんですけど、
この中にあるuser,userはユーザー名を2回入れることと、
そのユーザー名は、

saslpasswd2 -c -u hoge.com hoge
//で作った奴で、確認すると
//hoge@hoge.comになるけど、
//userに入れるのはhogeだ!!

と、これが非常に言いたかったです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

プログラミング備忘録 | メシのタネ