PHP 備忘録 | メシのタネ

PHP_Logo
このエントリーをはてなブックマークに追加

if文を試す

 2015/05/28

一概に使い方といっても色々あるです。ifとwhileが使えるだけで、いろんなプログラムが書けるとおもいます。プログラム勉強始めた人は、条件分岐やループがどうやって動作をするのかは分かるけど、実際どう使うのか良く分からない人は多いとおもいます。今日は構文の練習として標準入力を使って練習してみてはどうかという提案です。

if文

もしもが正しければ、処理を行う構文です。さぁ、時間で云々してみましょうみたいな本を昔見ましたけど、自分は用意されたサンプルやっても面白くなかったです。なので、自分でテーマ考えてifだけを使ったプログラムを考えてみるといいと思います。ただ、やっぱ入力がないとプログラム書いてても面白くないので、標準入力ができて、環境が整いやすいphpとかでやるのが良いと思います。なぜ標準入力を使うのかと言えば、htmlとかグローバル変数とか余分なこと覚えなくて良いからです。

とりあえず標準入力のやり方と、ifを使った例を書いてみます。

これでphpの実行環境が整っていれば、phpのファイルを作って、ターミナル開いて、phpのファイル作った場所に行って、php file名でコードの実行ができます。

それさえも面倒くさいなら

実行環境がWeb上にあったります。便利な世の中になりましたね。
ここのコードないじゃなくてpaiza/IO上の入力の文字を色々変えてみたりif文書いたりしたら良いと思います。

ほんとは、ちゃんと環境構築についても書こうと思ってたんですけど、paiza.ioが異様に便利すぎたのでもうこれで試せば良いじゃんってなりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"if文を試す"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ