PYTHON 備忘録 | メシのタネ

python-logo-master-v3-TM
このエントリーをはてなブックマークに追加

【python】if文で挨拶

 2014/08/19

wsgi入れてWebアプリ作るぜーって思ったんですけど
そもそもpythonが全然分からないのでifからはじめようと思って
数値によって挨拶かえるサンプル作ってみました。

python入門者の感想

ifもphpと違ってて、{}が無いので、if文がどこで繋がってるのか
分かりやすいし、関数もfunction書かずにdefだけなので
なかなか分かりやすくかけるんじゃないかと思いました。

if文書く時のPHPとの違い

phpなら

     $a = 1:
     if($a == 1) {

          echo "hoge";
     } else if($a == 2) {
          echo "moge";
     } else {
          echo "poge";
     }

pythonなら


     a = 1
     if a == 1 :
          print "hoge"
     elif a == 1 :
          print "moge"
     else :
          print "poge"

と、すっきり書くことが出来ます。
実際これこのまま写すと何が楽かを体験できると思います。

時間によって挨拶を変えるサンプル

参考書とかに書いてありそうなサンプルを書いてみました。
いやこれ違うやん!とかあるかもしれませんが、
とりあえずこんな雰囲気で使うんだーみたいな感じに思ってもらえたら
嬉しいなぁと私は思います。


# -*- coding: utf-8  -*-

print "今何時ですか?"

hour = int(raw_input())


def howhour(hour) :
        outp = str(hour)

        if hour < 12 :
                print outp+"時ですね、おはようございます"
        elif hour < 18 :
                print outp+"時ですね、こんにちは。"
        else :
                print outp+"時ですね、こんばんは。"

howhour(hour)

努力でどうにかならなくても、人の真似事であっても、
車輪の再発明であっても、自分の価値が大してなくても、
結局何かやんなきゃ0で、全く前進もしないから、
0.00000001歩でもどっかに行けるように
やれる範囲で僕は頑張ろうと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【python】if文で挨拶"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ