WordPress 備忘録 | メシのタネ

wpppppppp
このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressの固定ページを45件入れてみて思った事

 2015/02/27

今回お客さんの代わりに固定ページ更新もするってことで案件を頂いたんですけど、固定ページとか普段使わないので固定ページに記事入れてて思った事を書きます。

固定ページ記事にhtml書きたくない

面倒臭いって思いました。閉じタグの数の違いでレイアウトぶっ壊れたりしてストレスが溜まるので、固定ページにhtml書きたくないなと思いました。なので、htmlを極力固定ページの記事中に書かなくても良いような工夫が製作者には必要なんじゃないかと思いました。自分がやったのは、一定の文書フォーマットに反って記事が書かれていたので、そのフォーマットをテンプレートに落とし込んで、内容をカスタムフィールドで入れるようにしましたが、これは多分普通皆やってますよね。とりあえず、そうしないと非常に更新が面倒臭いので、これは必須だなと思いました。WordPressに限らずCMS導入するならある程度利用者の事考えないとなって思いました。

固定ページの記事が探し辛い

これはWordPress独自だと思いますけど、月別とワードでしか自分の記事を検索することができません。投稿の記事は、一覧の中に出てくるカテゴリやタグなり押したら絞り込んで表示してくれるんですが、親子関係持ってる固定ページには絞り込みの機能が無いので、イチイチ探すのが面倒臭いです。あるgetのパラメータに親ID渡すと親子関係保った記事の一覧を出すくせに、このgetのパラメータを送る機能が実装されてないんですよ。自分でそのパラメータ送るなり、プログラム書くなりすれば良いんですけど、機能作ってあるなら、呼び出し用のプログラムも書いておいてくれればいいのになぁなんて思います。本当はあるけど自分が知らないだけだったらごめんなさいだけど!

後半やや批判的になりましたが、個人的にはWordPress使えば、製作リソースが減るので助かってます。開発者のみなさま、いつもありがとうございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"WordPressの固定ページを45件入れてみて思った事"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ