CENTOS 備忘録 | メシのタネ

owl8
このエントリーをはてなブックマークに追加

【CentOS】Composerを導入したら便利だった

 2014/07/15

PHP The Right Way.を読んで、
今必要なのは、アルゴリズムでもなく、他言語の知識でもない。
PHPでやれることを追求すべきだと思ったので、とりあえずPHPを5.5にしてcomposer入れました。
クロージャ使いやすくなってたり、トレイトが使えるようになってたり、
ジェネレータが使えたり、listでforeachできたりとか、全然PHP知らないじゃんって思ったので
とりあえずもっと勉強しようと思いました。

新しい技術の習得には新しい環境が必要です。
そんな新しい環境を整えるのに役に立つのがcomposerです。

Composerとは

requireが沢山ならんだコードにもううんざりしてる人の為に生まれたツール
composer.jsonでかかれたツールをダウンロードすれば、オートロードまで作ってくれて
そのオートローダをrequireすれば、もうrequireがいらない素敵ツール。

といわれてもイメージしづらいとおもうので、
installとpearとcomposerの違いを出して説明してるスライドがあるのでシェアします。

詳しい説明はPHP The Right Way.の依存関係の管理項目見るといいとおもいます。

依存関係の管理

対話的に依存関係を定義

このコマンドを打つと、ユーザの要望を元にcomposer.jsonを作成します。
cakephpのbakeとかfuelphpのoilみたいな流れです。

teraterm1

  • hoge/moge このルールでパッケージの名前を決めます。
  • 説明文(省略可)
  • 作者(省略可)
  • よくわかんないから省略してるComposerがパッケージのstabilityを解決するしくみ(省略可)
  • 省略可
  • 依存関係を定義したいと思います→yes
  • 欲しいパッケージのキーワード
  • キーワードのサーチ結果
  • リストから番号を指定
  • バージョンの指定(pacagist見ながらバージョン指定)※1

※1
バージョンはpackagistの検索結果にあります。
heremojipacagist
この場合はこれがバージョン “dev-add-composer-json”

引き続き、検索する場合は⑦~⑩を繰り返します。
もう終わりたいなら、何も入力せずにエンター押していきます。
また⑥が聞かれるのでyesと答えるとcomposer.jsonが作成されます。

インストール

ユーザの要望をvendorフォルダの中に反映します。


composer install

で、さっきお願いした欲しいファイルがvendorフォルダに落ちます。

ちなみに、こっからcomposer.json変更したら


composer update

してください。

参考記事

PHP The Right Way.
2013/4/22 PHP勉強会 1/3
Laravel4のオートロード
Composer本体をインストールする


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【CentOS】Composerを導入したら便利だった"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ