トラブル 備忘録 | メシのタネ

このエントリーをはてなブックマークに追加

MIFESでファイル開くとUTF8で保存してもプリポストプロセッサになる時

 2013/04/03

文字化けだー!

お客さんからソースが文字化けしてるって電話があった。

なんかファイル開くと、強制的にプリポストプロセッサになるとのこと。
チームとしては、別に問題なくUTF8で開けていた。はずだった。
古い、7とか入れてる人だけが、その現象がでた。

原因は改行コード

調べてみると実は、原因が自分でした。
LFコードで保存されたファイルをダウンロードすると、
そういう現象が出るようで、LFコードをCR+LFにしたところ
UTF-8で開く事ができた。

バイナリ転送とアスキー転送

バイナリは保存したデータの改行コードを転送するのに対して、

アスキー転送は、アップ時にCR+LFコードをLFに置換して、DL時にその逆をします。

今回のケース

自分は転送にSublimetext2のSFTPというプラグインを使っていて、
これがデフォルトの設定だとバイナリで転送してしまいます。
さらに、sublimetext2がデフォルトだと改行コードがLFなのです。
さらにダウンロードをバイナリで行った為にこういうことになりました。
改行コードをsystemからwindowsに変更すればsublimetextは良いんですけど、

ファイルの出し入れ、アスキーモードでできんもんかねぇ。
明日ぐぐろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

プログラミング備忘録 | メシのタネ