GOOGLE 備忘録 | メシのタネ

networksamplehttp
このエントリーをはてなブックマークに追加

【クローム】グーグルデベロッパツールでhttpを確認する

 2014/07/22

グーグルデベロッパーツールには色んな機能があって
重宝してる方は多いと思います。
今日はデベロッパーツールを使って
httpリクエストヘッダーとかレスポンスヘッダーを
確認する方法を調べて行きたいと思います。

とりあえずプログラムを起動しておく

確認したいWebプログラムやデータを開く前にF12を押して
デベロッパーツールを起動しておきます。

そしてWebプログラムやWebサイトにアクセスすると・・・

これだけの情報を得ることが出来ます。
http2

Basic認証の中身やフォームも書いてある

AuthorizationにはBasic認証のIDとパスワードが書いてあります。
さすがに、そのままbasic認証にログインしたIDやPASSが
ここに表示されるわけではないですけど、base64でデコードかけると
ばれてしまいます。

例えば、コーヒーのみに行ったうちにAuthorization見られたりすると大変ですね。

フォームデータの改ざんも可能

さらにフォームの入力値の変更もできます。
チェックボックスだろうがHiddenだろうが関係ないっぽいですね。

Fiddler でリクエストパラメーターを改ざんする方法

怖いですね。

ただデベロッパーツールの話がしたかったのに
なんか全然違う話になってしまった。

この記事がデベロッパーツールについてよく分かると思います。
Web開発でよく使う、特に使えるChromeデベロッパー・ツールの機能

ではでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【クローム】グーグルデベロッパツールでhttpを確認する"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ