JavaScript 備忘録 | メシのタネ

newwebweb
このエントリーをはてなブックマークに追加

【Javascript】じゃんけんプログラム

 2014/10/16

2chのまとめ見ていたら、役に立つプログラムつくってみたいなー
ってニュアンスのスレがまとめられていたんですよ。
レスしてる人が、じゃんけんから作ってみたらーとか言ってたので、
おしおらもじゃんけん作ってみるかと思って作ってみました。

作ってみて思ったのは相手を”つくんなきゃいけないんだな”って思いました。
まぁ作る相手なんて大したこと無いんだけれど、相手作ってんだなーって思いました。

HTMLを作る

まずユーザー側が何を出すか選択できるように
ラジオボタンを3つ作ります。


<html>
     <head>
     </head>
     <body>
          <form id="betform">
               <input type="radio" name="bet" value="1">goo
               <input type="radio" name="bet" value="2">pa
               <input type="radio" name="bet" value="3">choki
          </form>
     </body>

</html>


イベントを登録する

次にクリック時で動作するようにイベントを登録します。


          window.onload = function(){
               var el = document.getElementsByName("bet")
               for (var i in el) {
                    if(i != "item" && i != "length") {
                         el[i].addEventListener("click",act,true)
                    }
               }
          };

こんな感じです。

userの行動を記録する

自分がじゃんけんで選択した指を記録しておきます。



               var el = document.getElementsByName("bet")
               var user
               var enemy

               var userAct
               var enemyAct


               userAct = function () {
                         for (var i in el) {
                              if(i != "item" && i != "length") {
                                   if(el[i].checked)
                                   {
                                        user = el[i].value
                                   }
                              }
                         }
                         return user
                    }
               
               user = userAct()

相手の行動を作る

相手の行動を作成します。

               


                enemyAct = function() {
                    enemy = Math.floor(Math.random() * (100 - 0) + 1);

                    if(enemy < 30) {
                         enemy = "goo"
                    } else if(enemy > 30 && enemy < 50) {
                         enemy = "pa"
                    } else {
                         enemy = "choki"
                    }
                    return enemy
               }

               enemy = enemyAct()

適当に乱数を作って、この乱数の範囲で条件を設定してます。
でもこういう作り方より、Math.randomに3をかけて乱数作って
それをMath.floorする人を良く見ます。

なので、そっちのが一般的だと思います。

相手の行動から結果を作る

というわけで最後のプログラムです。

                playGame = function() {
                    if((enemy == "goo" && user == 1) || (enemy == "pa" && user == 2) || (enemy == "choki" && user == 3)) {
                         alert("相手は"+enemy+"おあいこ")
                    } else if((enemy == "goo" && user == 2) || (enemy == "pa" && user == 3) || (enemy == "choki" && user == 1)) {
                         alert("相手は"+enemy+"あなたの勝ち")
                    } else {
                         alert("相手は"+enemy+"あなたの負け")
                    }                    
               }

               playGame()

なんでやねーーーんって言われそうですけど、僕これしか思いつきませんでした。
優しい人優しく教えて下さい。なんか凄い決め打ちな感じなので、
あんまり良くないと思います。時間ある時に勉強しておきます。

あ、でも一応動くはずですよ!
まじでーって思った人はソース乗っけとくので、HTMLにでも貼って下さい。



<html>
     <head>
     <script>


          window.onload = function(){
               var el = document.getElementsByName("bet")
               for (var i in el) {
                    if(i != "item" && i != "length") {
                         el[i].addEventListener("click",act,false)
                    }
               }
          };


          function act() {
               
               var el = document.getElementsByName("bet")
               var user
               var enemy

               var userAct
               var enemyAct

               userAct = function () {
                         for (var i in el) {
                              if(i != "item" && i != "length") {
                                   if(el[i].checked)
                                   {
                                        user = el[i].value
                                   }
                              }
                         }
                         return user
                    }
               
               user = userAct()

               enemyAct = function() {
                    enemy = Math.floor(Math.random() * (100 - 0) + 1);
                    console.log(enemy)
                    if(enemy < 30) {
                         enemy = "goo"
                    } else if(enemy > 30 && enemy < 50) {
                         enemy = "pa"
                    } else {
                         enemy = "choki"
                    }
                    return enemy
               }

               enemy = enemyAct()

               playGame = function() {
                    if((enemy == "goo" && user == 1) || (enemy == "pa" && user == 2) || (enemy == "choki" && user == 3)) {
                         alert("相手は"+enemy+"おあいこ")
                    } else if((enemy == "goo" && user == 2) || (enemy == "pa" && user == 3) || (enemy == "choki" && user == 1)) {
                         alert("相手は"+enemy+"あなたの勝ち")
                    } else {
                         alert("相手は"+enemy+"あなたの負け")
                    }                    
               }

               playGame()

          }


     </script>
     </head>
     <body>
          <form id="betform">
               <input type="radio" name="bet" value="1">goo
               <input type="radio" name="bet" value="2">pa
               <input type="radio" name="bet" value="3">choki
          </form>
     </body>

</html>




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"【Javascript】じゃんけんプログラム"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ