JavaScript 備忘録 | メシのタネ

このエントリーをはてなブックマークに追加

OREILLY Javascript 15章-2-4 CSSクラスによる要素選択

 2013/04/25

昨日に引き続き、オライリーから取ったノートを載せます。

ライブラリ使いましょう

querySelectorAllのような強力なメソッドがJavascriptには用意されていますが、
どうやら、これらは、IE8以下で未対応なようです。でも、そういったことに互換性を
持たしてくれるのが、jQueryといったようなライブラリですねーみたいな感じで締めくくられてました。
素直にライブラリつかいます。僕は。

CSSクラスによる要素の選択

classはJsでは予約語として扱われる

同じクラスはセットで扱われる

classを扱う場合はHTMLタグと同じように戻り値がNodeListになる

呼び出し方

var hoge = getElementByClassName(“huga”);
でもこのメソッドはHTML5から利用可能

CSSセレクタによる要素の選択

セレクタAPIがW3Cで標準化されている為
セレクタでの要素の選択が大体可能




メソッド名はquerySelectorAll();
IE8以下で未サポート。

jQueryを入れることで$()と同じになる。

ノードのツリー構造としてのドキュメント

Document,Element,

HTMLのすべてのテキストを表すTextそれぞれのオブジェクトは
NodeオブジェクトNodeには以下のプロパティがある

parentNode

親Nodeにアクセス

childrenNodes

子ノードを読み出し専用でアクセスする

firstChild,lastChild

子ノードの最初と最後以下childrenNodesと同じ


nextSlibling,previousSibling

ノードの兄弟ノード。親が同じノードの先か後

nodeType

documentなら9、Elementなら1、Textなら3
それぞれのノードで番号が違う。

nodeValue

そのノードのテキストコンテンツにアクセス

nodeName

Elementのタグ名。大文字に変換されます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

"OREILLY Javascript 15章-2-4 CSSクラスによる要素選択"
でメシのタネのおすすめを検索したよ!

プログラミング備忘録 | メシのタネ