手軽にパソコンを触る人

前回の記事でパスを通した後に、Laravelのartisanコマンドを打ったら、エラーが出ました。

エラーメッセージは3つ出ました。

  • Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library 'fileinfo'
  • Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library 'mbstring'
  • Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library 'openssl'

Laravelのartisanで利用するから出る拡張モジュール読み込めないエラーです。

この記事の対象者
  • WindowsでPHP使っている人
  • PHPで動いてるアプリを実行しようとしたらUnable to dynamic library~と言われる人

extファイルを移動をします

phpをダウンロードしたフォルダまで掘って、次のファイルをコピーします。

  • php_fileinfo.dll
  • php_mbstring.dll
  • php_openssl.dll

ここから、phpが読み込む拡張モジュールの場所の初期値がc:\phpなので、その通りにする作業をします。

  • 新しくextフォルダを作ります
  • extフォルダにコピーしたDLLファイルを入れます
  • Cドライブ直下にphpフォルダを作ります
  • phpフォルダにextフォルダを入れます

php.iniの何処かを変えれば、任意のフォルダに出来ると思いますが、日本語がパスに交じってることが原因のエラー出たら嫌なので、上記の通りにやりました。

php.iniの修正

拡張モジュールが読み込めるようにphp.iniを修正します。インストール直後の初期状態php.iniが存在していないので、テンプレートを使います。

テンプレートは

  • php.ini-development
  • php.ini-production

とありますが、php.ini-developmentをphp.iniにリネームします。

php.iniを開きます

ファイルの913行目付近に、;extensionと書かれた項目が列挙されてます。

こんな感じですね。この中から、mbstring、fileinfo、openssl左側のコロン[;]を削除します。画像は削除してある状態です。そして保存します。

そしてコンソールからphp artisan --versionを叩けばartisanが動きます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事