おススメ記事
スポンサーリンク

2014/11/4 修正

ドキュメント全体をBodyとした場合に、bodyタグの中から特定の文字列を探して検索する方法をかつてメモしました。
jQueryのとあるセレクタを使うと、指定タグの中から特定の文字列を検索することができます。これとeachや.replaceを組み合わせることで、
ドキュメント全体から特定の文字列を変換することができます。

containsセレクター


引数に入力した文字列を指定したタグの中から抽出してくれるセレクターです。

これを実行すると、DIVの中のhoge部分が赤文字になります。

スポンサーリンク

bodyから特定文字列を探して文字列を変更させる


じゃあ単純にこうやれば良いじゃんってなりますよね。
div消してセレクタbodyに変えてやればおっけーじゃんってなりますよね。

そうすると、全部赤文字になります。困ります。
なのでreplaceを使って、タグをつけてstyleをかましてやると

一応実現する事が可能になります。
動きとしては、一回、bodyタグのtextを一度全部取り出して、
その中から指定の文字列をreplaceで探して、変換するって流れでやってると思います。


2019/11/14追記

js fiddleがbodyタグだとエラーになるので、エラーにならないように修正しました。

普通にHTMLで使用する分には発生しないと思われます。

プログラムの勉強は、挫折し易いです。私も覚える必要を自覚するまでは、参考書などを買って勉強していた時期もありますが、覚えられなかったです。簡単なサンプルプログラムを写して動いて喜んでいたくらいでした。中身を全く理解していないのに。

私はデザイナー時代に

  • 会社から自立したかった
  • 同年代にあこがれのプログラマーがいた
  • 手を出せば案件を引き受けられる状況になった

この動機付けがあったので、ひたすら巷のプログラムを書き写して実行して、本を読んだり、プロジェクトやったりして、500万くらいまでのプロジェクトを形にできる技術を身に着けました。1000万以上のプロジェクトにも要員として参加した経験を得ることができました。

ただ、基本が無かったので、そこそこのプロジェクトでは複数人作業があったり、品質の担保を求められたりするので、コミュニケーションや品質担保の方法が分からず苦労しました。

TECH::EXPERTなら転職活動のサポートも行っていますし、全額返金保証プログラムもありますし、最低月額3万円という金額で受講できるのでおすすめです。

勉強もそうですが、同じ道を志す仲間に巡り合えることも魅力の一つです。 よろしければスクールも是非検討してみてください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事