PHPのイメージ画像
スポンサーリンク

includepath5

インクルードパスを追加したいけど、
php.iniに書かなくてもよくて、
.htaccessに書かなくても良い場合
そんな時にはPHPファイルにコード追加すればインクルードパスを追加できますよ。

インクルードパス追加

ファイルからやる方法は
ini_setでやるか、set_include_pathでやるかです。
inisetでやる場合、インクルードパスをどうやって区切ったかを
覚えておかないとダメなので煩わしいです。

なので定数の使えるset_include_pathを使います。

set_include_path

PATH_SEPARATORって定数が定義されてます。
コレを使うと、インクルードパスを区切ってる文字を呼び出してくれます。
なので、

set_include_path(get_include_path().PATH_SEPARATOR.dirname(__FILE__).'追加したいpath');
var_dump(get_include_path());

こういう書き方ができます。
が、inisetの場合

iniset('include_path',get_include_path().'区切り文字追加したいpath);
var_dump(ini_get('include_path'));

ってなります。
大した違いじゃないんですけど、考えることは少ない方が良いと思うので
set_include_pathを使っていきます。

あ!ちなみにこれはtrueです。

var_dump(get_include_path()==ini_get('include_path'));

地味に便利です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事