エビ(デンス)取りを楽にする方法

エビデンスという習慣が自分に無かったころ、初の現場で海老取りやっといて~と言われて伊勢海老の網さばきを想像したのは自分だけでしょうか。それは置いておいて、エビデンス取得の際に面倒なのが、キャプチャを取る作業。なんか簡単にできないかなと色々と試行錯誤しましたが、win+shift+sに落ち着きました。

エビデンス取りってなに

エビデンスは、IT現場ではテスト時の作業の証拠を残す作業という意味合いで使われます。例えばテスト項目に「〇〇が××の場合の画面出力を見る」とかシナリオが書いてあったら、その結果を書いて、結果に+画像キャプチャを付けます。(所説あり)

エビデンス取る必要あるの?

必要あるかないかでいえば、無いと思います。ただ、顧客がITに疎い場合、顧客に対してテストしました!っていう際の説得力が増します。ITの知識ない人は、テスト結果を画像で見せた方が分かりやすいので私は取った方が人に優しいと思っています。品質担保の説得力を増やしたいというところで、やった方が良いと思っています。「職場でエビデンス取りしか数か月やってない!」場合は、勇気をもって会社と交渉したいところです…。

エビデンスのキャプチャを取るのに便利な方法

画像の一部をクリップボードに保存する

Windows10から画像の一部を切り出してクリップボードに保存するということができます。

クリップボードに画像保存手順
  1. windowsキー + shiftキー + S を同時に押す
  2. 画面全体が白くなるので、左クリック
  3. ドラッグして今の画面を範囲選択する
  4. マウスから手を放す

この手順で画像をクリップボードに保存することができます。成功すると、画面右下に通知がでます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事