Laravel8.11.2、artisanがPHP7.3以上対応なのでphpにpathを通し直した件

今までローカルのWindowsにPHPの7.2を入れてたのですが、Laravelの8以降が対応していないので、新たにPHPをインストールしてパスを通し直しました。アップグレードみたいな方法があるんでしょうか?いい方法が分からないので自分はいつも新しいのダウンロードしています。

今回やること
  • WindowsにPHPをインストールします
  • インストールしたPHPにパスを通します

PHPのダウンロード

PHPのサイトに行きます。今日の日付は2020年の11月5日です。

Windows Downloadsを選択します。これ以外はLinux用なのかな。ダウンロードできる画面に遷移します。この中から、ThereadSafeのものを選びます。自分はx64が欲しいのでx64ですが、32bit用が欲しい人は、x86の方を選択してください。Zip選んでくださいね。

ThereadSafeのzipを選ぶ

任意のフォルダへダウンロードしたPHPを解凍します。

こんな感じです。

ダウンロードしたPHPへPATHを通す

PHPへPATHを通します。Windows10ならデスクトップの画面左下の「ここに入力して検索」のところに環境変数とか打つと検索できます。時代は便利になりましたね。

ない人は、コントロールパネル⇒システム⇒システムの詳細設定⇒環境変数 と進んで行けばたどり着けます。

環境変数の設定画面ですが、

システム環境変数の方のpathをダブルクリックして、PHPのパスを追加します。

2020年11月05日にダウンロードして解凍したフォルダは、php-7.4.12-Win32-vc15-x64という名前なので、フォルダまでのパスをpathに記述します。というわけで新規を押します。

フォルダまでのパスを記述します。

これでOKを押して、再起動すれば完了です。テストでコマンドプロンプトを開いて、php -v と打ちましょう。

はい!これにて完了です。お疲れ様でした。

えぇっ!PHPにパスが通らないですって!?

というわけで、自分がさっき通らなかったので、通らない時に確認することを書きます。

パスコピペしたらPHP動きますか?

  • 環境変数に記述したパスをコピーします
  • コマンドプロンプトを開いて貼り付けます
  • 張り付けた後、php -vと打ちます

バージョン情報が表示できなければ、パスを打ち間違えています。

もしかして、php.exeまでパス記述していませんか?

自分の場合はこれでした。フォルダまでのパスを書くと上手く行きました!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事